独自の分野を切り開く子にを目標として、豊富な知識と経験を身につけていく子供達の取り組みと成長を見てあげてください。


by n-s-artschool
カレンダー

木曜後半クラス

b0187423_13543313.jpg
ボタニカルアートがどんな風に描かれているのか、
やってみよう!

まず今回は印刷されたものを使って、
忠実に描いてみます。

一番最初に鉛筆を2種類使います。

まずはB系の鉛筆を使います。
B系の鉛筆は芯がやわらかくて、
優しくなぜるだけで画用紙に色がつきます。
うす~く色がつく程度の描き方でね!

このとき消しゴムは使わない!!!
理由は、
画用紙をいためてしまうのと、
汚してしまうから、
画用紙が傷んでしまうと、
新たな線がきれいにつかないからなんだよ!

で、
描きはじめに気をつけることは、
バランス。
花の大きさ、
位置。
葉っぱとのバランスなど、、

で、
なんとな~く形が見えてきたら、
うす~く、花びら1枚1枚の形を見ながら描いていきます。
このときも見えるか見えないかくらいの
うす~い色で。

それが出来上がってきたら鉛筆を変えます。

H系の鉛筆を使うんだけど、
H系の鉛筆は細くしっかりとした説明に使います。
だから、
シャープな線で仕上がって、
明確に説明ができるんだよ~

まずはこれが下書きになるから、

下書きを完成させるところまでを目標に頑張ってみよう~






[PR]
by n-s-artschool | 2013-12-20 14:04 | ボタニカルアート | Comments(0)